施工管理の求人で取っておいた方がいい資格とは

建設業界で激アツな職種はズバリ施工管理!求人もたくさんある

建設業界で激アツな職種はズバリ施工管理!求人もたくさんあるのメイン画像

施工管理で必要な資格には、建築施工管理技士・電気工事施工管理技士・土木施工管理技士・造園施工管理技士・菅工事施工管理技士などがあります。

施工管理の求人で取っておいた方がいい資格とは

施工管理の求人の中で資格の有無を問われることがあります。

第二新卒などでは未経験や無資格であっても施工管理は募集されていますが、入社後に実務経験を積んで資格取得の試験を受けるのが流れとなっています。

施工管理で必要な資格とはどういったものがあるのでしょう?

◎施工管理の主な資格

施工管理の資格には以下のようなものがあります。

・建築施工管理技士

ビルなどの建造物の建築工事において、ありとあらゆる知識が求められるエキスパートであり、一般的な「施工管理」の仕事はこの資格でできる業務を表しています。

工事現場そのものの施工管理を行うための国家資格であり、実務経験がなくても目指せます。

・電気工事施工管理技士

建設現場における電気系統や照明などの「電気工事」の施工管理に必要な資格です。

電気工事を行う特定の建設業では、各営業所に一人必ず電気工事施工管理技士を置く必要があるため求人数も多いです。

・土木施工管理技士

道路やトンネル・ダム・鉄道などの社会インフラの工事の施工管理に必要な資格です。

土木工事をメインに行う建設会社では必要不可欠な職種です。

・造園施工管理技士

公園・庭園やビルの屋上など緑化工事を行う際に必要な資格になります。

最近は環境に配慮した緑化事業が増えているため、求人数も増えています。

・菅工事施工管理技士

空調設備やガス、排水などの建物内のあらゆる「配管」工事を行ううえで必要な資格です。

一般住宅の建築を行うハウスメーカーなどでも需要がある職種です。